オールインワンジェルは肌に優しいお手入れを行えることで有名です。

肌は触れる回数が多ければ多いほどダメージを受けてしまうのですが、
一つ一つ別のものを使っていると化粧品・美容液・乳液・クリームと何度も肌に触れなければなりません。

1つの商品で済ませることができれば
触れる回数は最低限の範囲に抑えることができますので、
デリケートな肌質の人にこそオススメです。

最近では種類が非常に豊富になっていて、
肌質に合わせて選ぶことができるようになっています。

美容成分もたっぷりと配合されていてあらゆる年代に対応できるようになっていますので幅広い人気を誇ります。

オールインワンジェルの特徴を詳しく見ていくと、
1つの商品で化粧水・乳液・美容液・クリーム・美容パック・化粧下地などの基本のケアを全て行えるようになっています。

つまり、
これさえあればメイクをする前の手順までをスピーディーに完了させることができますので、
時短ケアにもおすすめです。

夜のお手入れにも
昼のお手入れにも利用できるような商品が続々と登場していて、
評判の良い商品は口コミでどんどん人気が広がっているようです。

単品で購入するよりも費用的な面でもリーゾナブルですので家計にも優しいといえます。

基本アイテムを全て揃えようとすると
かなりの金額がかかってしまいますので、
コスト的な面に注目してオールインワンジェルを使っている人も大勢います。

抱えている肌トラブルに応じて選ぶべき商品は違ってきますが、
年代によっても異なります。
若い頃はそれほど手をかけなくてもハリや潤いのある
良いコンディションを維持することができるのですが、
30代くらいになると段々と衰えを感じ始めます。

紫外線による影響で目や口の周りに小さなしわができてしまったり、
シミやそばかすが増えてしまう人もいます。

20代の頃には全く気にならなかったのに
段々とトラブルが増えてきて気になり始めますが、
家事や育児、
仕事などで
毎日忙しく過ごしている人も多いこの年代は、
お肌のお手入れに時間をかけることができません。

30代に入った人が取り入れたいのは、
保湿をメインの目的として作られているタイプです。

保湿成分には色々ありますが、
アセチルヒアルロン酸Naや
ヒアルロン酸Na、
豆乳発酵液、
ダイズ種子エキス
などが含まれている場合には
肌に潤いを与えて乾燥を防いでくれます。

キメも整えてくれますので、
肌中の水分が失われてきて衰えを感じる肌に最適です。

40代以降になると
更に問題が深刻化しますので、
肌コンディションを見ながら
正しく選ばなければなりません。

40代以降に必要になってくるのは
保湿ケアにプラスしてエイジングケアです。

30代であっても
老化が気になる場合には
なるべく早めにアンチエイジング対策を取り入れなければなりません。

アンチエイジングの成分を取り入れると
肌細胞を錆びつきから守って
潤いを維持することができます。

若さを維持するためにおすすめの成分は、
コラーゲン・
ヒアルロン酸・
エラスチン・
レチノール・
ビタミンC・
セラミド・
アミノ酸などです。

どれも優れた成分ではありますが、
特にセラミドは潤い効果が持続される
ということで注目されています。

これらの成分が含まれる
オールインワンジェル
でしっかりとケアを行うことで、
年齢肌の改善を目指すことができます。

自分に合ったものが分かったら、
利用の仕方も重要です。

基本として覚えておきたいのは、
面積の広い部分から塗っていくという手順であり、
両頬、
額、
顎、
鼻の順番になります。

1回に使う分は500円玉大くらいを目安にし、
足りないということがないようにたっぷりとつけることが大切です。

この時、
乾燥しやすい頬部分には特に入念につけ、
テカリの気になる鼻部分は少し抑えるようにします。

指の腹を使って優しく広げたら、
そのまま両手で軽く押さえて染み込むように促します。
塗り終わったら乾くまで待つことも忘れてはいけません。

年齢肌以外にも、
アトピーの人にもオールインワンジェルは効果的です。

アトピーに悩む人は
日頃からスキンケアにとても気を使っていて、
肌に負担をかけないケアを心がけています。

ですから、
触れる回数の少ないことは
とても大きなメリットになります。

選ぶ時には
できるだけ刺激の少ない商品を探し、
かゆみや
ヒリヒリとした痛み
が現れたら直ちに使用を止めなければなりません。

元々が乾燥してバリア機能の低下している状態ですので
含まれている成分に過敏に反応するようになっていて、
バリア機能が回復するまではその状態が続きます。

保湿力を高めて過敏に反応するのを防がなければなりませんので、
セラミドが配合されているものを選ぶと良いようです。

テクスチャで比較する場合、
固めの方が保湿力に優れていますので、
乾燥した肌にしっかりと潤いを与えることができます。

セラミドでしっかりとケアを行っていれば、
段々と症状が改善されていく可能性があります。

季節の変わり目!スキンケア

■秋スキンケア

暑さも落ち着き、すっかり秋らしくなってきましたね。

ご注目いただきたいのが「スキンケア」です。


今のような夏から秋に変わる時期など、季節の変わり目はスキンケアに最も注意する必要がある時期なんです。

なぜなら、外気に直接触れている肌は気温や湿度の影響を受けやすく、一年をとおして状態は常に変化しています。

季節によっても異なりますが、今のような季節(秋)は夏に比べて急激に気温が下がり、環境が大きく変わります。

この変化に対応するために、季節の変わり目になるとスキンケアの方法を変えようと思い行動するのです。

 

秋のスキンケアのポイントとなるのは「保湿」です。ひと夏を過ごした肌は大きなダメージを負っており、乾燥から守ることがとても重要だからです。

今回は、この「秋スキンケア」についてご紹介します。

 

■秋スキンケアの目的

気温の高い夏は汗や皮脂の分泌が増え、肌は脂っぽくなります。対して、秋冬は空気の乾燥によって、皮脂の分泌量が減るので肌がかさつきやすくなります。

「鼻まわりがべたついているが、頬はかさついている」など、顔の部位によって水分と油分のバランスが乱れるのは、この夏から秋の急な環境変化が原因です。

顔の保湿機能が十分に働いていない状態に陥りやすいので、乾燥などが原因で肌トラブルを起こしてしまうのです。

肌の保湿機能を保つうえで重要なのは「角質層」です。

角質層は、外側で体を守るという重要な役割を果たす必要不可欠な存在です。

具体的には、体内の水分が外に出ないよう外的刺激からのバリアのような働きをしてくれています。

この大切な角質層は、外気の変化に非常に影響を受けやすく、湿度が高ければ角質層の水分量は増し、逆に湿度が低い状況だと角質層の水分は減少してしまいます。

一般的に、健康な角質層には約30%の水分が含まれているといわれていますが、乾燥からくるかさつきで水分量が10%以下になると抵抗力が無い状態になり肌荒れ・肌トラブルが起こってしまうのです。

美しい肌を保つ条件として「潤い」は欠かせません。ですから、秋口より始まる乾燥から肌を守り、保湿できるスキンケアが必要とされるのです。

 

■秋スキンケアの方法

秋になると紫外線の量が減少して快適な気候になりますが、乾燥による水分不足に気を付けなければなりません。本格的な乾燥シーズンである冬を迎える前の対策が肝心です。

そこで、肌トラブルを防ぐための、潤いのある肌状態を保つ方法をご紹介します。

まず、気を付けなければならないのが日々の「クレンジング」です。

洗顔で古い角質や皮膚表面に付着した汚れを、しっかりと落としてあげることが大切なのです。

古い角質などが除去しきれずに残った状態だと、肌のバリア機能や保湿機能に悪影響を与えてしまいます。

その結果、かぶれなどの肌トラブルが起るのです。ですから、クレンジングでしっかり除去してあげることが大事なんですね。